今の東京のシェアハウスは鍵の個室で防犯対策

賃貸住宅を安く借りようとする場合の選択肢の1つにシェアハウスというのがあります。これは風呂場や洗濯機、自炊場、トイレの設備が共同の建物を指します。かつてこの形態の建物は数多く存在していましたが、プライバシーの視点で段々と姿を消していきました。しかし時代は変わって今の東京では形を変えてシェアハウスが段々と数が増えてきています。では昔の建物と今の建物ではどこかどう違うかというと、それは寝るための部屋が完全個室になったという点です。かつての建物では寝たりするための部屋ですら鍵がないなどプライバシーの点で大幅に見劣りしていました。しかし現在の合法的な建物では鍵が整備されてるため、同じ建物で暮らす別の居住者が勝手に部屋に入ってくるなどの心配がありません。もちろん建物自体も新しいために居住性もよくなり、耐震性も向上しています。なお一部ではいわゆる脱法ハウスという違法建物があるため、この違法建物を選ばないように気を付けなければなりません。

若者と東京のシェアハウスに関して

日本の首都は東京ですが、魅力度に関してもナンバーワンだと言えるのではないでしょうか。若者の多くが憧れを抱いていますし、人口の集中が進んでいます。ただ、ネックになっているのが物件の高騰ではないでしょうか。分譲や賃貸に関係なく、東京に住むには経済的なゆとりが欠かせません。若者の経済状況を考えると、夢を諦めざるを得ない現実があるのではないでしょうか。それを可能にしてくれるのが、シェアハウスの存在ではないでしょうか。友人や知人とお金を出しあうことで、シェアハウスに住むことが可能になります。キッチンやお風呂も完備しているので、快適な生活をしながら夢の実現に向けて努力を続けることが出来ます。都心はもちろんですが、郊外においても格安な物件が揃っているようです。外国人留学生も増えていて、日本語を勉強する際に活用されています。

東京でシェアハウスに住むメリット

東京で一人暮らしをする時は賃貸物件を借りると家賃が高く、契約をするために多くの出費が必要になるため悩むことが多いです。シェアハウスは初期費用や料金が安く安心して生活ができるため、女性を中心に人気が高く通勤や通学の拠点として利用する傾向があります。最適な物件を探す時は生活のスタイルに合わせて間取りや設備を比較して決め、満足して暮らせるように決める方法が望ましいです。
東京でシェアハウスに住むメリットは賃貸物件より安く、共同で生活をするため同じ目的を持つ仲間を作れ交流を深めやすいことです。一人暮らしをする時は様々なことで不安を感じやすく、賃貸物件に住むと人見知りがあれば仲間を作りにくい傾向があります。一人で生活をする場合は安心して過ごしやすい環境を選び、不安を感じにくくすると通勤や通学をする時にも安心できるため効果的です。

友人紹介キャンペーン!入居者がご友人をご紹介頂いた場合、双方に2万円のキャッシュバック! 表参道の「パンとエスプレッソと」とコラボ店を出店。 価格はシェアハウス・ワンルーム以上1LDK未満。 ソーシャルとプライベートが両立した理想の住まい。 間取りに応じて4万円から15万円まで幅広くご用意。一人暮らしと同じ家賃で充実した共用部が使い放題。 東京でのシェアハウス暮らしをお考えの方はこちら